貨物利用運送事業とは?

貨物利用運送事業の魅力

 

貨物利用運送事業とは、実運送事業者(実際に貨物の運送を行う業者さん)利用して、貨物の運送を行う商売のことです。

 

貨物利用運送事業者は、荷主さんと運送契約を結び、更に、実運送事業者さんとも運送契約を結びます。

 

○荷主さん ⇄ ○貨物利用運送事業者 ⇄ ○実運送事業者さん

 

貨物利用運送事業者には、荷主さんに対する運送責任が発生しますが、反対に荷主さんに対して利用運賃を請求することができるようになります。

 

実運送事業者さんとの関係も然り。貨物利用運送事業者は、実運送事業者さんに運賃を支払わなければなりませんが、反対に、実運送事業者さんは貨物利用運送事業者に運送責任を負います。

 

つまり、自分では運送能力を持たずに商売ができるところに貨物利用運送事業の大きなメリットがあります。

 

貨物利用運送事業の種類

第一種貨物利用運送事業(登録)

 

簡単に言えば、1種類だけの実運送事業者さんを利用する運送事業の事です。

 

・集荷先 to 配達先のトラック運送 

・port to port の内航・外航海運

・airport to airport の空港宅配・ 両端軽集配等

・臨海鉄道 ・ 荷主専用引込線等

 

第二種貨物利用運送事業(許可)

 

実運送の利用と共に、荷主への集荷や届け先への配達を併せて行う運送事業の事です。

 

つまり、ドアtoドアの一貫運送サービスを提供する場合には第二種貨物利用運送事業の許可が必要になるという訳です。

 

①自動車による集荷(荷主)

②自動車・船舶・航空・鉄道などによる幹線輸送(実運送)

③自動車による配達(届け先)

 

ちなみに、前後の運送(集荷・配達)には「貨物自動車運送事業者の行う運送に係る利用運送」を含みます。

 

なお、「第一種利用運送事業の登録」、並びに、「第二種利用運送事業の許可」のどちらも国土交通大臣への申請が必要になります。